農地・住居や技術研修で苦労もありますが、農業にはそれ以上の魅力があるのです



 

どんな農業をはじめるか

農地

農業にはさまざまな作物・作目があり、いろいろな栽培方法や家畜の飼い方があります。

 

そして、農業経営の方法にもいろいろとあるのです。

耕種農業と畜生の特性

農業は大きくわけると、農地を耕して種をまき、植物を育てていく耕種農業と、牛や豚、鶏などの動物を育てていく畜産農業に分かれます。

 

さらに、果樹を植えて果物を生産する果樹園も、広い意味で耕種農業です。

 

家畜には、乳用牛を飼う酪農、肉用牛を飼う肉用牛経営、豚を買う養豚、鶏を買う養鶏などがあります。

 

それ以外に、蚕を飼って生糸を生産する養蚕や、ミツバチを飼ってはちみつを生産する養蜂などがあります。

 

このように農業にもいろいろとあるので、充分に検討して判断してから選ぶことが大切です。

どんな農業をやりたいか

農業経営にもいろいろな経営形態があります。

 

ひとつの作物を専門に経営する単一経営では、農業技術を習得しやすく、販売しやすいという利点があります。

 

また、経営規模を拡大して大量生産することでコストを下げられるという利点もあります。

 

しかし、自然災害や病害虫の被害が大きくなる、販売価格が下落した時の影響が大きいといった経営面でのリスクが大きいというデメリットもあります。

 

複数経営では、経営リスクを分散できるメリットがあります。

 

単一経営か複合経営かも充分に検討する必要があります。

 

農業生産だけでなく、農業関連事業として農畜産物の加工や販売事業、体験農園や観光農園、農村レストラン、農場民宿といった多角経営の方法もあります。

 

多角経営は、収入源が多角化して付加価値をつけて販売できるメリットがあります。

 

しかし、初期投資額が大きく、経営リスクも大きくなるというデメリットがあります。

 

日本の農業では現在、化学肥料・合成農薬を使った慣行農業と化学肥料・合成物をまったく使用しない有機栽培があります。

 

さらに、慣行農業に比べて、化学合成農薬と化学肥料に使用量を5割削減している減農薬・減化学肥料農業は、環境保全型農業と呼ばれています。

 

野菜や花の栽培で、農地の上でそのまま自然の条件で行なう路地栽培に対して、ビニールハウスなどの施設で行なう施設栽培があります。

 

家族で農業を行なう家族経営に対して、何人かの人が集まって共同で行なう共同経営があります。

どんな作物をつくりたいか

本格的に農業経営をするか、趣味としてするかによって作物を選ぶ観点が異なってきます。

 

農業を経営という観点から作物を選ぶ時、

  • 「買い入れたり借りたりして自分が手に入れられる土地の面積」
  • 「農業で働ける家族の人数など労働力の人数」
  • 「ビニールハウスを建設する資金があるか、または借りることができるか」

といった経営が成り立つかを考えて選ぶことが大切です。

 

同じ耕種農業の作物でも、土地利用型作物と労働集約型作物があります。

 

土地利用型作物は、米麦などの穀物類、大豆などの豆類、じゃがいもやさつまいもといったイモ類です。

 

これらは、農作業が機械化されていて、単位面積あたりの農作労働時間は短くなります。

 

労働集約型作物は、野菜類、果物類、花類です。

 

栽培管理に手間がかかるので、単位面積あたりの農作労働時間が多くなり、単位面積当たりの農業所得は多くなり、それほど広い経営面積でなくてもよいことになります。

 

野菜や花類では、露地栽培か施設栽培かという選択があります。

 

施設栽培は、露地栽培以上に労働集約的です。

 

施設栽培は、初期投資や経営コストはかかりますが、単位面積あたりの農業所得が多く、経営面積が小規模でも経営として成り立つ可能性が高くなります。

どんな家畜を飼いたいか

畜産経営は、ほとんどの場合単一経営です。

 

畜産経営を始める場合、初期投資がかなりの額で必要になり、経営費用も大きく、さらい一年中飼育管理労働が欠かせません。

 

このことからすると、畜産経営は、労働集約型経営といえます。

 

畜産経営を選ぶ人は、生き物が好きということが前提となります。

 

畜産の経営部門を選ぶ時は、畜舎の建設費用や当初導入する家畜の購入代金などの初期投資費用と、自分が用意できる資金量とを見比べて資金計画を立ててから考える必要があります。

どんな農業経営をしたいか

まず、どんな農業をやりたいのかイメージを固めることが大切です。

 

農業経営のイメージを固めるには、

  • どんな作物で農業経営をするかの「経営作目」
  • 単一経営か複合経営かの「経営タイプ」
  • 露地栽培か施設栽培か、農薬を使うか使わないか、有機農業の場合は、家畜を飼うか飼わないのかといった「栽培・飼養方法」

から固めていきましょう。

 

それが決まったら、経営ビジョンを検討します。

 

そして、新規参入者は、それらのことを割引で考えるようにしましょう。

 


⇒ 農業起業のためのオススメ塾はこちら

 


⇒ まずは適正を見るために家庭菜園からスタートする方はこちら

 

 

⇒ 続きの記事を読む